目の前でへらへらしながらお茶を飲む夫を、

 

『いざとなれば大きな力を発揮する強い男』

 

と、私が思えば自然とそうなるし、

 

横で無邪気に笑う子供を

 

『不器用ながらも、いつかちゃんと社会で役立つ人になる』

 

と私が思い込んでいればそうなるし、

 

無防備にごはんを食べる友人を

 

『偶然の機会が訪れた時は、一気に実力を発揮する頭のいい人』

 

と私が思っていると、

 

実はそうなります。

 

恐ろしいことに、

 

ありがたいことに、

 

人はそばにいる人の、

 

自分に対する枠組みに合った人に育つのです。