あり方とやり方

例えば問題が解決していく時というのは、

 

「あり方」が分かった時だったりします。

 

子育ての事で悩んでいるお母さんは、

 

最初、

 

子供がこんな事を言い出したらこう言う。

 

ここまでやって、

 

子供が言う事を聞かなかったらこうする。

 

という具合に、

 

場面別の対処法を聞いて、

 

その通りにやろうとします。

 

これはいわゆる「やり方」です。

 

そうではなくて、

 

この子供に対して、自分が母親としてどうあるべきか、

 

自分の「あり方」が見えた時、

 

何が起きても

 

どう対応すべきか自分で判断がつくようになります。

 

そして腹がすわります。

 

ですが、

 

講座などでも始めから

 

「あり方」に気づいてもらうのは難しいのです。

 

なので「ワーク」という「やり方」を繰り返すことによって、

 

気づきを促しているわけです。