家あそび

こんにちは(^O^)/

 

お子さんを持つお母さん方も、今は大変な時期だと思います。

食事の支度や掃除、洗濯だけでも忙しいのに、

自宅でPCで仕事をしなければならない方は

どうしてもストレスが溜まりますよね。

子どもさんが小さかったらなおさらですね。

 

なので今日は、子供とどんな家遊びが出来るか、

うちの子供が小さかった頃などちょっと思い出してみようかなと。。

もう遠い昔ですが。。。

 

うちの場合は普段から段ボールに、

マーガリンの容器やトイレットペーパーの芯、

ボタンやお菓子の箱など、

いつでも子供が工作をして遊べるようにしていました。

 

それで一人っ子だったせいもあって、時間が出来ると

もくもくと色んな発明品(?)作りに没頭している事が

多かったです。

これは手がかからずとてもラクでした。

 

それからうちにある食料で

かわいいメニューを作って

私がエプロンをつけてウエイトレスさんになり、

レストランごっこをしたり。。

メニューはインスタントラーメンとか、プリンとか

チキンナゲットとか、簡単なものばかりでしたが、

特にお友達が来た時はかなり受けてました。

お友達の親御さんが、『すごく楽しかったと言ってました。

ラーメンまで頂いちゃったみたいで。。』

とお礼を言いに来た事も。(^O^)

 

また何枚ものカードに足し算や引き算を書いておいて、

袋を開けてばらしたお菓子や駄菓子を、

新聞に3、4個づつ包んでテープで止めて、

新聞の包みに計算の答えを書いて貼っておく。

子どもが好きなカードを1枚引いて、答えのついたお菓子包みを探し

正解だったら「はい、おめでとう!」とプレゼント。

うちではこんな事をやって遊んでいましたね。

包みの中身はみんな違う組み合わせなので、これも友達が大勢

来た時は大盛り上がりでした!

慣れてきたら、準備も子供にやらせます。

これはお菓子代も節約にもなるのです。

 

 

今のようなこんな日々が続けば、つい子どもをどなりたく

なってしまう事もあるかもしれません。

ちょっとしたアイデアで、楽しい時間に変えられるなら

その方がいいですよね。

 

お母さん、夜寝る前に鏡に向かってこっそり言って下さいね。

『今日もよくやったね。頑張ったね。』と。

もう1人の自分が、いつもの自分をほめてくれる、

そんな習慣をつけてしまうと、

少々の事ではへこたれない自分になって行きますよ。