我慢

こんばんは。

例えば心に深い悩みを抱え、すっかり疲弊してしまっている方の場合、

痛みを共有しながら、少しづつ気持ちを解きほぐし、

心が整った所で、

今度は少しづつ、元気ややる気が湧き出るように、

「出来るかも」とか「やってみようかな」とか

「そうだ!やろう!やってみたい!」

という具合にモチベーションを上げて行きます。

 

人を元気にするには、

WANT

すなわち、「夢」が描けるといいのです。

 

私は横で、

「きっと出来るよ。」と伴走します。

 

ところが一方で、

とても多くの物を手に入れているのに、

もっともっと欲しくて

他の人がうらやましくて、妬ましくて、

不平不満ばかりで、「なんて私は不幸なんだろう」って。。。

。。。そんな方もいらっしゃいます。

 

この場合、私のやる事は

鏡を立てて見せる事です。

「見てみてよ。言うほど不幸じゃないんじゃない?」って。

「足るを知る」という話をして

自然に心が豊かになる方向へ導きます。

 

このように、カウンセラーは相手によって違う事を言うんです。

正しい事を言うのではなくて、

その人がハッピーになる事を言うんです。

 

だからクライアントさんの立ち位置によって、

違う事を言ってるわけです。

 

ですからこのようにブログでの発信は、

色んな立場の方が見るので、

的の決め方が難しかったりします。

 

講演では皆さんの顔を見ながら、

波動を感じながら話せるので、いいのですが。

 

先日DVについて書かせて頂きましたが、

あれはどちらかというと、

暴力をふるいたくないのに

つい感情的になってしまう、という方の立場の人寄りの話です。

 

もし今現在DVの被害に悩んでいて、

身の危険を感じている方がいらっしゃったら、

シェルターでもなんでも

すぐに逃げて身の安全を一番に確保してください。

 

本当はお互いに共鳴出来て

分かりあえて

乗り越えていけるのが一番いいのだけれど

それでは間に合わない事もあるので。。。

 

世の中には

我慢した方がいい我慢と、

我慢してはいけない我慢があるんです。