不安

こんばんは。

 

例えば不安な思いでいっぱいいっぱいの時。

そんな自分をそのまま放置しておくと、

つまらないミスをしたり、

しょうもない事でケガをしたり、

つい人を傷つけてしまったり、

攻撃的になったかと思ったら無気力になったり、

事態はあまりいい方向へ行かない事が多いですね。

放っておくと、そのうち体調も悪くなります。

 

今、自分はまるで足が宙に浮いているかのように

軽いパニックを起こしている感じで、

人にも優しくなれなくて

全然腹も座ってないし

軸もぶれまくり。

 

人は不安な思いに支配されると

こんな感じになります。

 

そしてこういう時、

とても騙されやすい状態にあるのです。

 

まずは深呼吸をしましょう。

出来れば複式呼吸で、

5秒吸って、10秒吐いて。

出来れば瞑想を。

 

それから自分の欠点を10個書いて、

それを全部ひっくり返して長所に変えて

順番に書き直して下さい。

 

自分で自分に「承認」を作るためです。

何か辛い事があった時は、

こうやって自分で自分に自信と勇気をあげるのですよ。

 

次に今、自分が置かれている状況を客観的に捉えて

(うまく出来なかったら全部書き出して)

今自分に出来る事は「何か」を考えて下さい。

それも全部書き出しましょう。

視覚化して認識を深めます。

 

そのリストアップされたリスクへの備えを、

出来る所から一つづつやるのです。

ここで「動かないための言い訳」が聞こえてきます。

大抵その理由は

「面倒だった」り。

「人がどう思うか」だったり。

 

だからと言ってそのままの状況を続けていても

ずっと不安に取りつかれたままなのです。

10年かかって作った病気が、治すのに10年かかる、

と言われるように、

悪い精神状態を長く続けている事は

思考を歪め、表情も悪くなり、性格も運命も変えてしまうので

さっさと脱出した方がいいのです。

 

億劫でも立ち上がって動くこと。

無駄に終わるかもしれない事を

今備えておく事。

それが一番早くあなたを幸せに導く賢明な方法です。

 

例えば災害などは準備をしておく事が出来ますが、

コロナに関して言えば

手を洗うとか、免疫をつけるための料理をするとか

外出しなくていい方法を考えてみるとか。。

万が一かかってしまった場合の段取りを

一応考えておくとか。

 

全部やったら、後は。。

一生懸命お仕事をするなり、

集中してお掃除するなり、

趣味に没頭するなり、

家族との時間を思いっきり楽しむなり。

 

少し楽観的で、少し自信過剰で、少し不真面目な時、

まるで亡くなった身内の人が

空から見ていて守ってくれたのかな、と思うくらい

運が良くなったりするんです。

 

よろしければ、おためしを。