感情別元気法

不安で仕方がないとき。。。

なんだかちょっと気がかりな事があったり、ネガティブな未来が頭の中で回っていたり。。。不安に取りつかれてモヤモヤした気持ちの時って、誰にでもありますよね。

こんな気持ちのままでは、思いっきり力を発揮できないばかりか、うまく行くことまでトラブってしまう場合があります。

ですから何らかの対処をしたいのですが、その前に、自分のその気持ちにちゃんと気づいているか、という事がポイントです。現代社会ではいちいち自分の心境の変化などかまっていられず、自分の感情に無意識に蓋をしてしまっていることが少なくありません。まずはきちんと自分の心を俯瞰すること、そしてどんな心の持ち様なのか自分で認めること。これが一番なんですね。

さて次に不安の原因が自分で分かっている場合と良く分からない、なんていう場合もあります。原因が分かっている場合の応急処置は、とりあえず全部書き出してみることです。

『何が起こったのですか?』

『それに対して誰が何と言ったのですか?』『そしてあなたはどう感じたのですか?』

全部書き出して行くと、『あぁ、今あれこれ考えても、なるようにしかならないから仕方ないね。』と自分に言う事が出来たり、『よく考えたらこれ、私が悩むことではなかった。』なんていう気づきを得られる場合があります。

一方で何が原因か良く分からないけど、なんだか不安!という事もあるでしょう。実はどんなに元気そうにしてる人でも、人は皆将来に向け漠然とした不安を心の奥底に抱えているものなのです。なぜならこの先どんな時代が来るとか、どんな事が起こるかなんて、大方予測は出来た所で本当の所は誰にも分からないからです。ですから結局『今』を生きるしかない、という所へ行くんですね。今、目の前にあること、今自分がやるべきこと、そこから着手してみましょう。暇な人ほどネガティブな思考に陥りやすかったり、不満ばかりが口に出る、という風になりがちです。

自分であまり情緒が整わないと感じる時は、当協会で作成した『チャージングダイアリー』でもつけてみてください。肯定的なエネルギーを感じられるようになると思います。なお、『チャージングダイアリー』については、『ココロ磨き』(ポプラ社)にも掲載していますので、関心のある方はご覧になってみてくださいね。