感情別元気法

無気力でボーっとしてるとき。。。

普段テキパキと動き回っている方でも、時には『なんにもしたくな~い!』という日があるかもしれません。もし疲れていて休養が必要なら、どうぞお休みして下さいね。

なかなか休めない、という場合はご自身の健康状態を一つづつ丁寧に見て行きましょう。極端なだるさの原因が病的なものであれば、お医者さんに行くのが先決です。

 

次に見て欲しいのは体調や生活のリズムですね。例えば外食続きで便秘がち、とか睡眠不足が続いている、等。心の不調は何か言葉に出来ないことを身体の中から訴えている事もありますから。

 

さて次に見て欲しいのは手帳に書かれたあなたの未来です。数か月先まで見渡して下さい。そこに楽しい未来は待っていますか?何も旅行やコンサートなどの大きなイベントじゃなくても構いません。ちょっと気になるお店に立ち寄ってみる、久しぶりに友達とランチする、など、ほんのちょっと気持ちが上がるような企画です。もし毎日仕事の予定だけ、という事であれば、やっぱりモチベーションを維持するのが難しいと思います。適度な間隔を空けて自分だけの密かな楽しみを入れておきましょう。

 

また無気力の原因がもっと深刻なケースも考えられます。ご自分でその問題点が明確な場合は、上手に気分転換をして散歩がてら本屋さんにでも立ち寄ってみてください。解決のヒントになるコメントを抱えた本が、書棚からあなたを呼んでくれるかもしれません。

コレといった原因も見当たらないし、とにかく何もする気がしない、なんていう場合は普段あまり交流を持たない分野の人たちに触れてみるとか、カウンセリングを一度受けて自分を俯瞰してみる、なんていう方法もあります。

 

『自分にとっての幸せの定義』って、年を重ねるごとに更新が必要なんですね。人生には時々立ち止まって、ゆっくり周りの景色を眺めたり、足元を固めてみるという事も時に大切です。